FreeBSD:pandora

提供: Configure.sh
移動: 案内検索

Pandora FMS の導入

Pandora FMS とは

Pandora FMS とは、ネットワーク、サーバ、アプリケーション等を監視するための、オープンソースの統合監視ツールです。

配布元サイト: http://pandorafms.com/Home/Home/jp

オープンソースの監視ツールというと、最近は ZABBIX 等が良く知られていますが、Pandora FMS は特にユーザインタフェース面が良くできておりメニューが直感的です。 また、プラグインの追加も簡単で、ある意味なんでも監視できてしまいます。情報収集やグラフ生成ももちろんできます。日本では今までほとんど知られてない監視ツールですが、これがなかなか良いのです。

私は、監視ツールとして、すっかり気に入っています。

インストール

概要

Pandora FMS の最新版は、(2013年1月時点で) バージョン 4.0.3 です。

バージョン 3.2 からは、インストーラが FreeBSD に対応しています。 また、ports もありますが、2013/3/13時点で、ports からインストールできるのは、まだ 4.0.1 です。

というわけで、以下に最新版をソースから FreeBSD へインストールする方法をまとめておきます。

まずは、http://pandorafms.com/Community/download/jp から、以下に示す 4.0.3 のソースアーカイブ(tar.gz)をダウンロードします。

  • pandorafms_console-4.0.3-130118.tar.gz
  • pandorafms_server-4.0.3-130118.tar.gz
  • pandorafms_agent_unix-4.0.3-130118.tar.gz

Pandora FMS は、次の 3つのコンポーネントからできており、上記アーカイブはそれぞれ次のパッケージになっています。

  • コンソール (監視システムのウェブコンソールプログラムです)
  • サーバ (監視システム本体です)
  • エージェント (監視対象にインストールするエージェントソフトです)

全体のインストールの流れは次の通りです。

  1. MySQL サーバをインストールする
  2. Pandora FMS コンソールをインストールし、初期データベースを作成する
  3. Pandora FMS サーバをインストールする
  4. (必要に応じて) Pandora FMS エージェントをインストールする (必須ではありません)

具体的手順を以降に示します。 なお、MySQL サーバについては、普通にパッケージや port からインストールすれば良いので説明は省略します。

コンソールのインストール

事前準備

以下に示されている FreeBSD の依存パッケージもしくは ports をインストールします。

http://openideas.info/wiki/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Installing

なお、コンソールプログラムインストール後の初期設定画面 (後述) にて必要なパッケージが揃っているかがチェックされ、足りないものが表示されますので、その画面で確認しながら不足分を追加インストールしていくこともできます。

コンソール本体のインストール

ここでは、インストーラを使って apache2.2 のドキュメントルート配下である /usr/local/www/apache22/data/pandora_console にインストールすることを想定します。

pandora_console のアーカイブを展開し、次のように pandora_console ディレクトリ内でインストーラを起動します。

cd pandora_console
./pandora_console_install --install

引き続き、ウェブブラウザから次の URL にアクセスして、初期設定を行います。

http://インストールしたサーバ/pandora_console/

詳細は、以下にありますので、参照してください。 http://openideas.info/wiki/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Installing#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.BC.E3.83.AB.E5.BE.8C.E3.81.AE.E5.88.9D.E6.9C.9F.E8.A8.AD.E5.AE.9A

表示されるメッセージに従って進めます。不足しているパッケージがある場合は Step3 の画面で指摘されますので、ports から追加インストールします。

最後に、MySQL DB の pandora ユーザのパスワードが表示されますので、それをメモしておきます。 このパスワードは、以降のサーバの設定に必要になります。

サーバのインストール

事前準備

まず、サーバを動かすためには、perl が thread 対応でコンパイルされている必要があります。 FreeBSD の ports では、デフォルトでは thread が OFF になっているので、以下のように thread を ON にしてパッケージを作ります。

cd /usr/ports/lang/perl5.8 (5.8以上であれば何でも良い)
make config
→ THREADS にチェックを入れる

また、以下に示されている FreeBSD の依存パッケージもしくは ports をインストールします。

http://openideas.info/wiki/index.php?title=Pandora:Documentation_ja:Installing

サーバ本体のインストール

ここでは、インストーラを使ってデフォルトパスにインストールすることを想定します。

pandora_server のアーカイブを展開し、pandora_server ディレクトリ内でインストーラを起動します。

cd pandora_server
./pandora_server_installer --install

サーバのメインのコードは perl のライブラリとして作られており、

/usr/local/lib/perl5/site_perl/バージョン番号/PandoraFMS

にインストールされます。

次に、pandora_server の設定ファイルである、/usr/local/etc/pandora/pandora_server.conf を調整します。修正点は、MySQL DB に接続するユーザのパスワードのみで、

dbpass XXXXXX

を設定します。XXXXXX には、コンソールのインストールでメモしたパスワードを書きます。

最後に、/etc/rc.conf にて、pandora_server と tentacle_server の起動を有効にします。

pandora_server_enable="YES"
tentacle_server_enable="YES"

以上で準備は完了です。 以下のコマンドで、pandora_server と tentacle_serverd を起動します。

cd /usr/local/etc/rc.d
./pandora_server start
./tentacle_server start

エージェントのインストール

エージェントのインストーラは、バージョン 3.1 以降で FreeBSD に対応しています。次のように unix 用エージェントファイルを展開してインストールスクリプトを実行します。

cd /tmp
tar zxvf pandorafms_agent_unix-4.0.3-130118.tar.gz
cd /tmp/unix
./pandora_agent_installer --install

以上で、FreeBSD 向けのインストールがされます。 起動するには、/etc/rc.conf に

pandora_agent="YES"

を設定します。

なお、バージョン 3.1 のインストーラでは、起動スクリプト実行権限が付与されない問題がありますので、以下のように chmod して実行権限を付与しておきます。(バージョン 3.2 以降では修正されてますので、この対応は必要ありません。)

chmod 555 /usr/local/etc/rc.d/pandora_agent

あとは、次のコマンドを実行して起動すれば ok です。

/usr/local/etc/rc.d/pandora_agent start